2017/7/30

数字かるた

今月のレクリエーション②は『数字かるた』です。道具は紙とマジックペンだけ。1から50までの数字を書いた紙をその名のとおりかるた取りしていくゲームです。職員がホワイトボードに書いた数字を探すというとてもシンプルなゲームなのですが、耳の聞こえない方も一緒になって楽しむことができました。

最初はただ、出てくる数字をとっていくだけ…なのですが「18」をとった時は突然質問タイムが始まります。「18歳の時は何をしていましたか??」急に質問された方はびっくり、でもゆっくりと記憶を呼び起こし「その時は工場で働いてたね」「まだ戦争中だったよ」など答えてくださいました。他の数字でもその年齢の時の思い出話を尋ねると、若い頃は苦労が多かったという話に他の利用者様も共感して聞いてくださいました。


さあ、全部の数字がとれた後はチーム対抗で1~50を順番に早く並べられるかを競いました。立ち上がって「次の数字は誰が持ってる?」「そっち?」と協力しながら並べていました。

ホームへ先頭へ前へ戻る