2018/12/17

防犯訓練

 12月17日 小牧苑では防犯訓練を行いました。

 夜間、刃物を持った不審者が押し入り、職員が対応したところ暴れだすという実技訓練でした。小牧警察署職員による指導があり、訓練を繰り返すことで犯人を抑えることに成功しました。

実技訓練:はじめは刃物で
刺されてしまいました。
実技訓練:はじめは刃物で
刺されてしまいました。
指導中:目の前に刺股(さすまた)が
来ると怖く感じました。
指導中:目の前に刺股(さすまた)が
来ると怖く感じました。
指導中:刺股が斜めにかかると
暴れにくいです。
指導中:刺股が斜めにかかると
暴れにくいです。
指導中:椅子は身近にある武器です。
指導中:椅子は身近にある武器です。

 講習では初動や報告の仕方や、実技訓練のおさらいをしていただきました。

初動について
 ①不審者に対しては一人で対応しない。発見したら大声やブザーなどで周囲に知らせる。
 ②不審者には間合いを取りながら対応する。(目安は両手を広げたくらいの距離)
 ③駆けつけた応援職員は110番・119番両方に連絡する。

不審者が施設内に立ち入ってしまった場合
 ①「食堂へ逃げた!」「203号室の方へ行った!」などわかりやすい報告を行う。
 ②椅子など身近な物を武器として使い、複数人で犯人の動きを抑える。

 今回の訓練では、玄関から犯人が入ってくる事がわかっていたにもかかわらず、2人負傷してしまいました。
 訓練を重ね、もしものときに、利用者の皆さんの安全を確保できるようにしたいと思います。

講義中
講義中
講習中
間合いの取り方
講習中
間合いの取り方

愛厚ホーム小牧苑

ホームへ先頭へ前へ戻る