2018/9/20

法要

彼岸法要

9/19(水)午前中に、国照寺の住職をお招きし、彼岸法要を行いました。利用者様の半数を超える、54人が参加しました。しかも、そのうちの半数はリハビリを終えての参加でした。

法要の最後に、説法を聞きました。心静かに、住職と共に、亡くなられた方のご冥福をお祈りしました。

住職の説法の中に、「『彼岸』とはあの世のこと。あの世では、天国も地獄も環境は同じ。そこにいる人の思いや気持ちで、表情も暮らしも全く異なったものとなっている。この世にしても、その人の思いで生活する環境がずいぶんと変わってくる。この一週間でも、人のことを思いながら、暮らしてみてはいかかでしょうか?」
のありがたい言葉に、利用者様から「ありがとうございます。やってみます。」との声が数人から出ました。

住職、ありがとうございました。

読経中
読経中
お焼香中
お焼香中
説法中
説法中

愛厚ホーム一宮苑HP担当

ホームへ先頭へ前へ戻る