2015/8/26

エンゼルケアセミナー

「命の尊厳」

平成27年8月26日(水)株式会社のいり様による「命の尊厳」について学びました。

葬式は最期の愛情表現の場であり、残された家族が亡くなった人に感謝を伝える場であって欲しい。それが命の尊厳を考えることにつながる。

施設は生活の不安をサポートする。
葬儀会社は亡くなったあとの不安をサポートする。
共通していることはどのように生きるかを支えること。

葬儀や通夜に参加した時は、ご家族へのお悔やみを伝え耳が聞こえている間にご本人に感謝の気持ちを伝えることが大事。

講義を受けた職員からは、
「年を重ねても知らないことがたくさんあり目からうろこだった。」
「死の尊厳について普段聞く機会がないので勉強になった。」と感想があり、とても貴重な時間となりました。

利用者様は、お1人お1人いろんな人生を歩まれてきました。
職員である前に1人の人間。これからも人として尊厳を持ち続け、利用者様をサポートして有意義に過ごしていただきたいと思います。

スライドで説明を聞いています。
スライドで説明を聞いています。
とっても分かりやすいです。
とっても分かりやすいです。

愛厚ホーム一宮苑HP担当

ホームへ先頭へ前へ戻る