2016/10/27

防犯訓練

~さすまたの使用方法について~

 7月に神奈川県で発生した刺殺事件を教訓に、不審者や侵入者への対策として、「さすまた・催涙スプレー」整備しました。

 今回はその使用方法について、ALSOK綜合警備保障㈱豊橋営業所に講師をお願いして研修を実施しました。

【さすまた】
 ① 「ウォォォォー!」などの大声を出す。→相手を威嚇、自分の緊張を少しでも和らげる効果あり
 ② さすまたの先を不審者の目線に合せる。→嫌がる
 ③ 周りの利用者・職員等に「警察に通報してください」「ここから離れてください」などの指示を出す。

 ④さすまたを相手に対してタスキのようにかけて押さえこむ。(さすまたが二本ある場合は、ひとりは相手の後ろ足にかけて倒す)

 ⑤凶器があれば蹴って吹っ飛ばす。

【催涙スプレー】
 ①相手の顔めがけて噴射 ※希全の里の物品は、有効範囲3~3.6m
 ②警察へ通報、避難する。

【まとめ】
 万が一がないことを願いつつも、訓練等を常に行い防犯対策を十分に備えていく。



希全の里 広報委員会

ホームへ先頭へ前へ戻る