2016/6/1

平成27年度 事業報告

重点事項

愛知県厚生事業団の新たな中長期計画の策定

第2期経営計画が終了するにあたり、更なる発展的かつ安定的な経営を目指すため、これまでの取り組みにおける総括と課題を踏まえて経営計画(第3期)(案)を策定した。

老朽化した施設の改築の推進

①愛厚新生寮の改築について、愛知県及び関係機関と調整のうえ、基本設計業務を完了した。
②建築年数の古い5施設(瀬戸苑、はなのきの里、一宮苑、藤川の里、佐屋苑)について、老朽施設整備計画を策定した。

人材育成と職員交流の充実

①事業団主催による研修
職員の資質向上を図るため、次のとおり研修を実施するとともに、参加者が相互交流できる場としても研修を活用した。

研修名 参加人員 摘要
施設長級研修 19人    
次長級研修 17人    
主査級研修 19人    
主任級研修 延べ  65人 3回  
新規採用職員研修(前期・後期) 延べ  130人 5回  
事務職員研修 27人    
指導員研修 延べ  50人 2回  
介護員(1年目)研修 延べ  50人 2回  
介護員(3年目)研修 延べ  58人 3回  
介護員(5年目)研修 20人    
介護員(10年目)研修 12人    
介護員(認知症ケア)研修 19人    
介護員(強度行動障害の理解)研修 延べ  36人 3回  
栄養士研修 延べ  40人 2回  
調理師研修 7人    
看護職員研修 延べ  39人 2回  
機能訓練職員研修 延べ  28人 2回  
保育士研修 延べ  70人 2回  
ケアマネ・サビ管等合同研修 延べ  126人 3回  
メンタルヘルス研修 延べ  144人 4回  
ライフプランセミナー 19人    
ケアマネ受験対策講座 延べ  78人 3回  
多職種協働研修 50人    
合計 1,123人 46回  

②施設での職場研修
各施設において、職場研修を定期的に開催し、全体で347回、延べ5,571人が参加した。
③他機関主催の研修
各施設において、愛知県社会福祉協議会等の外部機関主催の研修に延べ1,259人が参加した。

(2)業務改善提案募集の実施
職員の創意、工夫を奨励し、理事長が助成する範囲内の経費で、提案者自らが実施できる提案を募集し、効果が見込まれる提案を積極的に採用することにより、事業団の業務改善の推進及び利用者サービスの向上を図ることを目的として実施した。採用された提案の実施結果について、全施設に対する報告会を開催した。

表彰名 被表彰者数
チャレンジ賞 7件

摘要
・募集期間   7月1日~7月31日
・実践期間   10月~2月
・報告会開催日 2月29日
・応募件数   62件

(3)職員表彰(永年勤続職員等)の実施
 勤務成績の優秀な永年勤続職員を対象に次のとおり表彰を実施した。

表彰名 被表彰者数 摘要
永年勤続表彰 26人 ・知事表彰 (勤続20年以上) 13人
・理事長表彰(勤続15年以上)13人

理事会、評議員会等の開催

理事会(評議員会)

事業を円滑に遂行するため、次のとおり理事会・評議員会を開催した。

開催日 議決事項
平成27年5月25日(月) ・平成26年度社会福祉法人愛知県厚生事業団事業報告及び決算
・社会福祉法人愛知県厚生事業団監事の辞任に伴う選任について
平成27年10月28日(水) ・社会福祉法人愛知県厚生事業団資金収支補正予算
・社会福祉法人愛知県厚生事業団諸規程の一部改正について
平成28年2月24日(水) ・平成27年度社会福祉法人愛知県厚生事業団資金収支補正予算
・事業廃止について
・事業開始について
・愛厚ホーム西尾苑デイサービスセンターのサービス種別変更等について
・社会福祉法人愛知県厚生事業団定款の一部変更について
・平成28年度社会福祉法人愛知県厚生事業団事業計画並びに資金収支予算
・社会福祉法人愛知県厚生事業団諸規程の一部改正について
平成28年3月25日(金) ・社会福祉法人愛知県厚生事業団評議員の任期満了に伴う選任について(理事会のみ)
・社会福祉法人愛知県厚生事業団役員の任期満了に伴う選任について(評議員会のみ)
・社会福祉法人愛知県厚生事業団施設長の任免について
・社会福祉法人愛知県厚生事業団諸規程の一部改正について

※括弧内は評議員会のみの案件

施設の運営実績及び職員の状況

(1) 施設の運営実績

(1) 設置経営 26事業所
(2) 指定管理 1事業所
(3) 受託 1事業所
28事業所

(2) 職員の状況

職員数 1,109人(総合職799人、一般職243人、臨時職14人、嘱託員53人)

監査

監事による監査を次のとおり受けた。

(1) 書面監査
施設及び事務局を対象に会計諸帳簿、契約書その他の書類について実施(7月~11月)
(2) 実地監査
施設及び事務局を対象に運営全般について実施(7月~10月)
(3) 決算監査
平成26年度の決算報告に関する事項について実施(5月20日)

その他

(1) 機関紙「清明」の発行

職員に共通の情報を提供し連帯性を高め明るい職場をつくるとともに、事業報告等の掲載や法人の公告のために次のとおり機関紙を発行した。
・年3回(5月、9月、1月)
・部数 各1,200部

ホームへ先頭へ前へ戻る